散文ブログ『ちりぶみ』
数名による持ち回り創作ブログ。4のつく日(4・14・24)更新。
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    P助
    主宰。企画/発案担当。
    え、それって口だけってこと!?(笑)


    大塚晩霜
    デザイン担当。ブログのレイアウトが悪いとすればコイツのせいなんだ。
    週刊とりぶみ


    ナチュレ
    [プロフィール作成中...]


    仁礼小一郎
    沖縄出身ゴールデンルーキー

    某サークル六代目総長

    しがないサラリーマン
    ~順調にジョブチェンジ中!~
    (HP:気分は下克城!!
    See-Saa Night Fever!!


    こさめ
    万緑ソー中、紅一点!? 
    ココロに移りゆく何ごとか


    イシカワ マキ
    長野市在住。



カテゴリー



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト   (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



駄作★☆☆☆☆ エンドクレジット   (2007/07/14)
企画:大塚晩霜(A)
製作:大塚以下同文
監督:大塚以下同文
脚本:大塚晩霜(B)
美術:大以下同文
照明:大以下同文
衣裳:大以下同文
撮影:大塚晩霜(E)
編集:大塚晩以下同文
効果:大塚晩以下同文
配給:散文ブログ『ちりぶみ』

 2005-2007年/日本/モノクロ/14作品217054字





エミリーとカレーライス   6863字
 Produced by 大塚晩霜(A)
<出演>
  エミリー:   Emily K. Woodser
  シャミシュ:  Emily K. Woodser
  サラギン:   タマネギ
  エミリーの母: Anna K. Woodser(友情出演)
  エミリーの父: Tom Barleycorn(友情出演)
  エキストラ:  万物
*Special Thanks to Radiohead, Albert Einstein
──いかなる動物も、虐待されていません。
──使用した食材は、撮影後、スタッフがおいしくいただきました。



F-A-M-I-L-Y   9860字
 Produced by 大塚晩霜(A), 大塚晩霜(B), 大塚晩霜(E)
<出演>
  男:     ユウイチ
  女:     ユウイチの連れ
  ヒットマン: ユウイチの実父
  土左衛門:  ユウイチの実父
  2番目のお父さん:  ユウイチの継父
  薬物中毒のヒロイン: ユウイチの母
  美千子:   ユウイチの妹
  若い母親:  ミー
  その旦那:  ダーリン
  その娘:   ミカタン
  ドーヴ・レノメ: 大塚晩霜(A)
  桜田ミリア:   大塚晩霜(A)
*Special Thanks to Monty Python
──いかなる動物も、虐待されていません(※人間を除く)。



野菜の山 1730字
 Produced by 大塚晩霜(B)
<出演>
  私:  名も無き生産者
*Based upon the novel by  Ryunosuke Akutagawa
──使用した野菜のクズ山は、撮影後、スタッフがおいしくいただきました。
──書いている最中は全く気が付きませんでしたが、今こうして振り返ってみますと、完全に芥川龍之介『不思議な島』の盗作です。でも別に謝罪しません。



阿蘭陀Language   4726字
 Produced by 大塚晩霜(E)
<Performed by>
  芥川龍之介・森鴎外・井原西鶴・Orange Range・坂口安吾・吉田兼好・紀貫之・有島武郎・島崎藤村・近松秋江・太宰治・直木三十五・辻潤・尾崎紅葉・宮本百合子・横光利一・菊池寛・国木田独歩・田山花袋・岩野泡鳴・西田幾多郎・海野十三・岡本綺堂・鈴木三重吉・岩波茂雄・夏目漱石・二葉亭四迷・Camelieon・中島敦・中里介山・紫式部・与謝野晶子・梶井基次郎・幸徳秋水・寺田寅彦・宮沢賢治・横光利一・原民喜・夢野久作・堀辰雄・樋口一葉・石川啄木・信濃前司行長・鴨長明・松尾芭蕉・新美南吉・清少納言・福沢諭吉・幸田露伴・村山槐多
*Special Thanks to Godley & Creme, Aozora Bunko
──この作品はアメリカ国の法律で保護されていません。



〒ν八℃   118(2347)字
 Produced by 大塚晩霜(B)
 技術支援: 大塚晩霜(E)
<出演>
  俺:   主人公
  幼なじみ:エイルロポータ
  君主:  ツメラルウクス王
*Inspired by Slapp Happy "King Of Straw"
──焼死した出演者は、撮影後、スタッフがおいしくいただきました。



究極のおばけ屋敷   7968字
 Produced by 大塚晩霜(A)
<出演>
  俺:  沼間
  紳士: 江村
  巨乳: 有木さん
*Special Thanks to Roman Crew
──この映画に登場するお化け屋敷は架空のもので、実在の江村邸とは一切関係ありません 。



16小説交響詩   3813字
 作詞・作曲: 大塚晩霜(A)
 編曲: 大塚晩霜(E)
 指揮: 指揮者
<演奏>
  句読点: パーカッション
  動詞:  トランペット&サックス
  形容詞: ホルン
  連体詞: テノールトロンボーン
  形容動詞:バストロンボーン
  接続詞: チューバ
  名詞:  ピアノ
  助動詞: 第一ヴァイオリン&第二ヴァイオリン
  助詞:  ヴィオラ&チェロ
  代名詞: コントラバス
  副詞:  フルート(大塚晩霜A)
  感動詞: オーボエ(大塚晩霜A)
  擬音語: クラリネット
*Special Thanks to Frank Zappa
──18歳未満の方への販売・レンタル・上映を禁止します。閲覧は出来ます。



文体練習   60192字
 Produced by 大塚晩霜(A), 大塚晩霜(B), 大塚晩霜(E)
 原案: レーモン・クノー『文体練習』
 協賛: 和田義彦
 提供: 萩原朔太郎・薄田泣菫・尾崎放哉・田中貢太郎・豊島与志雄・森鴎外・坂口安吾・横光利一・織田作之助・吉行エイスケ・夏目漱石・夢野久作
<出演>
  主人公: 絶倫勃起・DJゴンベエ・ジョンドウ・亀公・永野光政・まゅまゅ・久能麗紋・緒実充三・浜坂真綾(マー)・上道抜作・佐々木源三・田中めぬ・小林くん・合木拓哉・楚人・あなた・かるたひるす・工冂巾(ヨしキ)・ゆうしゃ
  老人: 山木五十三・菊西和孝・讃岐山竹蔵・魚座あがた(あがちゃん)・大倉・中田権蔵・ぢゃぼ・勢多宗二朗・花山与兵衛
  脇役: じい・ヤクザ・久能・空き巣・早苗・ストリッパー京子・静香・リーダー格の少年・聖子ちゃん・エムおばさん・警察官
  評論家:  笹池薬麻呂
*Special Thanks to Raymond Queneau and other writers
──書いている最中にもそれとなく気付いていましたが、今こうして振り返ってみますと、完全にレーモン・クノー『文体練習』へのオマージュです。訴えられても文句は言えません。



『小松軍曹と佐藤兵長』他一篇   3982+10557字
 Produced by 大塚晩霜(B) + 大塚晩霜(A)
<出演>
  わたくし: 佐藤兵長
  K軍曹:  小松軍曹
  市尾伍長: 前作の主人公
*Special Thanks to Nature(for Prose blog Chiribumi)
──この作品は戦争を賛美するものではありません。もちろん文学を賛美するものでもありません。



トリストラムに恋をして   66035字
 Produced by 大塚晩霜(A)
*Special Thanks to Laurence Sterne
──未完成作品につき削除しました。



文体練習おまけ   18469字
 Produced by 大塚晩霜(A)
*Special Thanks to Koji Asahina, euripides
──書いている最中は全く気が付きませんでしたが、本家『文体練習』を読み終えた今こうして振り返ってみますと、関係者各位には謹んでお詫び申し上げたい気持ちでいっぱいです。



鈍色の昼   16236字
 Produced by 大塚晩霜(B)
<出演>
  俺: 病んでいる
  エト:   死体
  エトの祖母:死体
  ロッキー: 死体
  佳奈ちゃん:幻影
  有野先生: 幻影
  ハリー:  幻影
  鶴くん:  幻影
*Inspired by Pink Floyd "Wish You Were Here" cover jacket and XTC "Chalkhills And Children"
──エトのモデルとなった友人は実在しますが、こんな悲惨な死に方はしていません。



ツタンカーメンの呪い   12字
 バカじゃねーの。








<メイキング・オブ・「大塚晩霜」・アンド・大塚晩霜作品>
 本作が、散文ブログ『ちりぶみ』における私の最後の作品である。
 ……私の? ──私たちの、と言うべきか。私たち三人による、「大塚晩霜」の。
 もう最後だから洗いざらい暴露してしまうが、「大塚晩霜」とは、実名どころか筆名でもない。私が中心になって結成した創作グループの、その団体名である。(作家「岡島二人」は徳山諄一と井上夢人のコンビ名であるが、それと似ていよう。)主に私Aがアイディアを担当し、Bは執筆に専念、Eが編集や細工に辣腕を振るっていた。
 ただし、三人の役割は明確に区別されていたわけではない。Bが単独で作品を仕上げることもあったし(『野菜の山』『鈍色の昼』)、Eのアイディアを軸に三人が共同作業をしたこともある(『阿蘭陀Language』)。大作『文体練習』は三人が少しずつ持ち寄った断片をEが「目次」に準拠して並べ替えたものである(ちょっと考えてみればすぐ判ることだが、あれだけの量をたった一人で一ヶ月以内に仕上げるのは不可能である)。
 私たちの創作はインターネット上でのやりとりによって推し進められた。時には電子メール、時には掲示板、チャット、そしてメッセンジャーで、アイディアを交換し合った。まさしくIT時代の恩恵。決して脚本家・黒澤明のように卓を囲んで原稿を回し合ったわけではない。
 私たち三人のチームワークは、今にして思えば、ちょっと神がかり的だったと思う。
 Bは──伏せ字にしてもほとんど無意味なので、本名を出してしまうが──馬場くんは、私の出したアイディアを原作にして文章をアウトプットしてくれたり、逆に、私の文章を手直ししてくれたりもした。彼の文章に私とEとで肉付けしていったこともある。稀代の名文家と言えよう。
 Eは推敲を手がけてくれた。Bが書き上げた悲恋の物語『〒ν八℃』を、意外な手法でキラリと光る佳作に仕立て上げたのは彼の功績だ。天才肌の職人である。狂気と紙一重の凝り性である。取り分け、私が軽い気持ちで提案した『16小説交響詩』を、はっきりとした形にするのは、並大抵の苦労ではなかったと思う。その作業はあまりにも苛酷だったらしく、「発狂しそうだ」とよく愚痴をこぼしていたっけ。(彼は現在、某所に入院している。)
 この散文ブログ『ちりぶみ』で私が提案した作品は実験的な物が多かった。おそらく、二ヶ月という長い掲載間隔のせいだろう、あれこれ変な着想が頭の中に虫のように湧いたに違いない。そんな私の奇天烈な提案に戦友はよく応えてくれた。出来映えに満足できない駄作もあるが、彼らのおかげでユニークな作品の数々を発表することができた。その中でも特に手間のかかっている作品『エミリーとカレーライス』『阿蘭陀Language』『16小説交響詩』『文体練習』が個人的には気に入っている。馬場くん、そしてE、本当にありがとう。三人で文学に没頭したすてきな時間を、私は決して忘れない。







駄作★☆☆☆☆ エンドクレジット   4271字
 Produced by 大塚晩霜(A)
──この作品はフィクションです。馬場くんなんて存在しません。

And I would like to thank....
 P-suke, Nature, Koichirou Nirei, Kosame, Maki Ishikawa, and you.



<次回予告>
 散文ブログ『ちりぶみ』は8月末で更新停止となりますが、私によるひとりちりぶみ『週刊とりぶみ』が別ブログで勝手にスタートします。これはフィクションじゃありません。乞うご期待!

        →【こちら】
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


お気軽にコメントをお書き下さい











«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。