散文ブログ『ちりぶみ』
数名による持ち回り創作ブログ。4のつく日(4・14・24)更新。
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    P助
    主宰。企画/発案担当。
    え、それって口だけってこと!?(笑)


    大塚晩霜
    デザイン担当。ブログのレイアウトが悪いとすればコイツのせいなんだ。
    週刊とりぶみ


    ナチュレ
    [プロフィール作成中...]


    仁礼小一郎
    沖縄出身ゴールデンルーキー

    某サークル六代目総長

    しがないサラリーマン
    ~順調にジョブチェンジ中!~
    (HP:気分は下克城!!
    See-Saa Night Fever!!


    こさめ
    万緑ソー中、紅一点!? 
    ココロに移りゆく何ごとか


    イシカワ マキ
    長野市在住。



カテゴリー



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト   (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クローバ   (2007/01/24)
 不思議な場所を歩いていた。身長の倍くらいの高さがあるガラスケースがいくつも並んでいた。私はそのガラスケースの間を、縫うように歩いていた。なぜだろう、ここはどこなのか、という疑問はわかなかった。いつもの道を歩いているような感覚だった。
 ひとつのガラスケースに目をやる。中には古びた木造家屋が。屋根には大きな看板。左右の端にはチョコレートが描いてある。その間に大きく「クローバ」の文字。ああ、近所の駄菓子屋じゃないか。そこへ幼い頃の私がやってきた。外に置いてある冷凍庫から、あんずアイスの箱を取り出して店の中へ入って行く。なんだよ、ガキのくせに箱買いか。
 隣りのガラスケースを見てみる。こちらもクローバの風景だ。今度は友達と一緒に買いに来ている。
「ねえ、もしかして賞味期限切れたの売ってたりするんじゃないの?」
 その友達はずいぶんときつい質問をしている。店のおばさんはむきになって答える。
「古くなったのは全部私が食べちゃうんだから、店には古い物はないの!」
 納得できるようなできないような答えだが、あの頃そうやってなんとなく丸め込まれたのを憶えている。
 向かいのガラスケースもクローバだ。買いに来る私もずいぶんと大きくなっている。高校の頃だろうか。しかし、店の奥から出てきたおばさんは全然老けていない。若い頃から老け顔だったのだろうけど、10年近く経っていることを考えれば、これは超人的だ。あのおばさん、実はサイボーグだったのだろう。
 別のガラスケースはどうだ。なんと、クローバに車が突っ込んでいる!店の入口は完全に破壊されている。おばさんは無事か。おお、店の脇で「うーん、これは困ったわ」という表情で立っている。さすが、このくらいのことでやられるサイボーグではない。
 他にも、遠足のお菓子を買いに来た時の私や、うまい棒を全種類買ってホクホク顔になっている私、歯医者からの帰り道で、詰め物をしたばかりなのに肉まんを買い食いしている私など、ここのガラスケースにはクローバにまつわる思い出が詰まっていた。ひとつひとつ時間をかけて、じっくりと見てまわった。どれもこれも懐かしい。
 ただ、ひとつだけ、違うものがあった。そのガラスケースはまったくの空っぽだったのだ。これは一体・・・。
 突然鳴り響く電子音のアラーム。混乱する私の視界に飛び込んできたのは見慣れた自分の部屋。携帯電話の目覚しが鳴っている。おぼつかない手つきでアラームを止める。静寂の中、しばし茫然とする。北側の窓からわずかに射し込む西陽。ええと、自分はいま社会人で、今日は夕方から出勤。ああそうか、さっきのは夢か。なんだか頭の中ごちゃごちゃだ。
 軽い食事を済まし、スーツに着替える。そういえば最近はクローバに行ってないな。さすがに三十近くにもなると、子供に混じって駄菓子は買えない。でも、もしかしたら「最近来ないじゃないか」とクローバが催促しているのかもしれない。そんな気がしたから、会社に行く途中で寄ってみることにした。
 店に着くと、日曜日でもないのに閉まっている。ガラズ戸に貼り紙がしてあった。
「このたび店を閉めることになりました。四十年の永きにわたりご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。」
 クローバが、閉店。しばらく動けなかった。店を閉めたなんて・・・。

 駅までの道のり、私は考えていた。いつまでも変わらないものはない。それなのに自分は、今と同じ暮らし、今日と同じ明日がいつまでも続くと勘違いしていた。だから最後に菓子を買ってあげることもできなかった。おばさんにあいさつをすることもできなかった。そうか、だからあんな夢を見たんだな。きっとクローバが、私の夢の中に挨拶に来てくれたんだな。馬鹿げているかもしれないが、そう思ってもいいよね。
 そして、あの空っぽのガラスケースにはきっと、店の前で寂しそうに佇む私の後ろ姿が収められたのだろう。




今回の作品はいかかでしたか?
コメントもお待ちしております。


スポンサーサイト





この記事に対するコメント

はじめまして
短篇がたくさんあるのが好きで、愉しんで読ませていただきました。
作家さんによって雰囲気や傾向が違うのも愉しいものですね。

ちょくちょく読みに来たいと思い、勝手ながらリンクさせていただきました。
もし外したほうがよろしければご一報くださいませ。
【2007/01/30 11:27】 URL | 枕水 #V4mBJKRc


お気軽にコメントをお書き下さい











«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。