散文ブログ『ちりぶみ』
数名による持ち回り創作ブログ。4のつく日(4・14・24)更新。
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    P助
    主宰。企画/発案担当。
    え、それって口だけってこと!?(笑)


    大塚晩霜
    デザイン担当。ブログのレイアウトが悪いとすればコイツのせいなんだ。
    週刊とりぶみ


    ナチュレ
    [プロフィール作成中...]


    仁礼小一郎
    沖縄出身ゴールデンルーキー

    某サークル六代目総長

    しがないサラリーマン
    ~順調にジョブチェンジ中!~
    (HP:気分は下克城!!
    See-Saa Night Fever!!


    こさめ
    万緑ソー中、紅一点!? 
    ココロに移りゆく何ごとか


    イシカワ マキ
    長野市在住。



カテゴリー



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト   (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



愛は世界を救わない<P助>   (2006/09/05)
「愛してるわジョニー」
リンダは言った。

「愛してるよリンダ」
ジョニーは言った。

「すごい機械を発明したわねジョニー」
リンダは言った。

「すごい機械だろう?」
ジョニーは言った。

「私たちがこうして愛し合っているだけで、世界が平和になっていくなんて、まるで夢のようだわ。」
リンダは言った。

「夢のようだろう?」
ジョニーは言った。

「こんな機械を作るなんて、やっぱりあなたは天才だわジョニー。」
リンダは言った

「天才さリンダ。」
ジョニーは言った。

「愛が世界を救うなんて本当に素敵!」
リンダは言った。

「愛は世界を救うのさ。」
ジョニーは言った。

「私、ずっとあなたを愛し続けるわジョニー」
リンダは言った。

「愛し続けるよリンダ。」
ジョニーは言った。

「私たちの愛は永遠よねジョニー」
リンダは言った。

「永遠さリンダ」
ジョニーは言った。

「あなただけを愛してるわジョニー。」
リンダは言った。

「……君だけだよリンダ。」
ジョニーは言った。

「……………」
リンダは何も言わなかった。

「……………」
ジョニーは何も言わなかった。

「……………」
リンダは何も言わなかった。

「……どうしたんだい? リンダ。」
ジョニーは言った。

「……何よ。その間は。」
リンダは言った。

「な、何を言ってるんだいリンダ? 間ってなんのことだい?」
ジョニーは言った。

「しらばっくれないでよ! 21行前(空白含む)のこともわからないの!?」
リンダは激しく言った。

「誤解だよリンダ。君の考え過ぎさ。ただの溜めじゃないか。僕が愛してるのは君だけだよリンダ。」
ジョニーは落ち着いて言った。

「……ごめんなさいジョニー。あたし考えすぎてたみたい。」
リンダは申し訳なさそうに言った。

「いいんだよリンダ。僕もいけないのさ。」
ジョニーは内心ホッとしながら言った。

「ううん、そんなことないわ。悪いのはあたし…。 あらジョニー、あなたの電話鳴ってるわよ。」
リンダはにこやかに言った。

「おや、誰だろうね。もしもし?」
ジョニーは内心ドキドキしながら言った。

「はぁ~い。ジョニ~。あたしよ、あ・た・し。ステファニーよ~ん。」
ステファニーは艶めかしい声で言った。

「ど、どちら様かな。番号を間違ってはいませんですか?」
ジョニーは狼狽を隠しきれずに言った。

「も~う、忘れちゃったとは言わせないわよぉ~。あなたの熱いベーゼは今もアタシをしっぽりと濡れさ」
ステファニーは途中までしか言えなかった。

「ははは、間違い電話みたいだよリンダ。」
ジョニーは暑くもないのに、汗びっしょりになりながら言った。

「そうみたいねジョニー。」
リンダはにっこりと笑って言った。

「さ、さぁ今夜はもう寝ようかリンダ。」
ジョニーはひきつった笑みを浮かべながら言った。

「何言ってるのジョニー。今夜は寝かさないわ。」
リンダはにっこりと笑って言った。

「寝かさないだなんて、だ、大胆だねリンダ。」
ジョニーは悪い予感に打ち震えながら言った。

「そうかしら?」
リンダはにっこりと笑って言った。

「ス、ステファニーとはなんでもないんだ。ただ桃鉄を一緒にやっただけだよ!」
ジョニーはうっかりステファニーの名前を出しつつ言った。

「あら、ステファニーって誰かしら」
リンダはにっこりと笑って言った。

「…………!」
ジョニーは顔面蒼白になりながら、息を飲んだ。




「頭を冷やせバカ野郎!!!!!」
そう言いながら放ったリンダの蹴りは見事ジョニーに炸裂し、ジョニーはもんどり打って家の外に転げ落ちた。

「誤解だよ! リンダ!! 僕は世界平和の為を思ってだね……!」
ジョニーは必死に扉を叩きながら言った。

「お休みなさいダーリン。」
リンダはダブルのベッドで悠々と眠りにつきながら言った。


こうして世界は今日も混沌としている。



-----------------------------------------------------------
今回の作品「愛は地球を救わない」いかがでしたでしょうか?
アップロードが遅くなり大変申し訳ございませんでした。
面白いと感じて頂けましたら、下記バナーのクリックをお願いします。いや是非。
コメントなんかもおまちしてます^^

スポンサーサイト


テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学




この記事に対するコメント

1周年おめでとうございます
これからも頑張って下さい。
【2006/09/04 23:54】 URL | タンク兄さん #-


一周年おめでとうございます☆
散文のみなさんの書かれるお話にはとても影響を受けていて大好きです!
これからも楽しませてもらいます。
【2006/09/05 01:05】 URL | #-


>タンク兄さん
そうか・・・早いものでもう一周年なんですね。
今後ともよろしくお願い致します!



>名無しさん
そういってもらえるとうれしいです!^^
UP遅くなってすいませんでした・・・
23時ごろ「ごめんなさい」コメントを載せたので
それを見られたアナタはラッキー!!!

・・・ほんとすいませんでした。
これからもよろしくお願いしますね^^

ちなみに名無しさんなのはミスでしょうか?(笑)
【2006/09/05 01:11】 URL | P助 #-

と・とととっ
コメントを打ってたら作品がアップされましたね☆一周年作品おめでとうございます!
にやけてしまいました、ほんと愛は地球は愚か自分さえ救えないなぁ。ははは。
【2006/09/05 01:13】 URL | arty #-


>artyさん
いつもコメントありがとうございます^^
ラッキーコメントを見てしまいましたね(笑)
ちょこっとにやけてくれれば、この作品は成功といえるかなぁ。
今後とも是非「ちりぶみ」をごひいきに!
【2006/09/05 01:22】 URL | P助 #-


お気軽にコメントをお書き下さい











«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。