散文ブログ『ちりぶみ』
数名による持ち回り創作ブログ。4のつく日(4・14・24)更新。
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    P助
    主宰。企画/発案担当。
    え、それって口だけってこと!?(笑)


    大塚晩霜
    デザイン担当。ブログのレイアウトが悪いとすればコイツのせいなんだ。
    週刊とりぶみ


    ナチュレ
    [プロフィール作成中...]


    仁礼小一郎
    沖縄出身ゴールデンルーキー

    某サークル六代目総長

    しがないサラリーマン
    ~順調にジョブチェンジ中!~
    (HP:気分は下克城!!
    See-Saa Night Fever!!


    こさめ
    万緑ソー中、紅一点!? 
    ココロに移りゆく何ごとか


    イシカワ マキ
    長野市在住。



カテゴリー



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト   (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



柔らかな風景   (2006/08/24)
 のどかな街を走る三両編成のローカル線は、少ない乗客に鼓動のような穏やかな振動を与える。とめどなく流れていく車窓の風景を由香はぼんやりと眺めていた。いつもは車で走る公園通り。並行して流れる穏やかな河の流れ。反射する眩しい太陽。川辺を駆ける子供の青い靴。出来たばかりの新興住宅地。生まれも育ちもこの街ではない由香には、この美しい景色もどこか他人行儀に写る。転勤で赴任したこの街は田舎でもなく都会でもない。門前町の佇まいは年々薄れていき、代わりに中心市街地は再開発され、どこにでもあるファミレスやコーヒーショップのフランチャイズ店が増えて行く。

 じくじくと由香の胃の痛みは続いている。胃薬を手放せなくなって久しい。胃の痛みと共に、昨夜、些細な喧嘩で隆に叩かれた左の頬が熱く痛むのだ。腫れた顔では会社にも行けず、ぼんやりと昼頃電車に乗った。何気なく旭駅前で上り電車から下り電車に乗り換え、再び同じ道のりを折り返した。

 隆とは付き合ってそろそろ三年になる。アパートの近くの食堂の店員だった隆は、これといった目標もなく気ままに生活していた。ふと店員同士の会話が聞こえた時、由香の耳に懐かしいイントネーションが響いた。それが隆だった。声をかけるとやはり同郷で、久々に地元の話題で盛り上がった。自然に付き合いが始まり、時間は経ったが、いつからか隆は由香の収入を当てにするように、職を転々としたり無職の時期があるようになっていた。

 降りたことのない少し賑やかな駅でふらりと降り、駅前の小さな商店街を歩いていると、ぎこちない恋人同士とすれ違った。二人の間の中途半端な空間。しかしその空間には恋人同士の華やぎか感じられ、無意識に視線で追いかけてしまう自分に少し自己嫌悪を覚える。隆との会話のない時間、お互い無関心な日常、淡白な夜が由香の脳裏をよぎる。
もう駄目かな、と自然に声に出た。
 歩く足を止め、通り過ぎる風景を見ながら、ぼんやりと高校に入学した頃を思い出していた。親の強い希望で入学した高校は兄も通う地元のいわゆる進学校だった。兄を見習い、兄に追いつくことを両親は常に由香に望んだ。周囲に認められることが由香の目標だった。その頃、図書館に行くといつもある男子生徒がいた。当時急速に開発が進み、緑が減っていく街の風景を彼はいつもぼんやりと見つめていた。授業にも出ず、校内では評判の悪い生徒だったが、由香は彼が嫌いではなかった。放課後暗くなるまで塾に通い、風景など見たことがない由香と彼とはあまりに対照的だった。彼のようになりたい、と思った。もう自分も自由になろう。義務教育を終えたのだから、これからは肩の力を抜いて自由に生きるのだ。これからは好きなことを自分で選ぶのだと決意した。
 進学校の空気には馴染めず、由香は適当に授業に出席し、適当に部活動をこなし、適当に友達づきあいをし、適当な成績で地方の名も無い大学に進学した。両親も担任も失望したが、由香は満足だった。

「お姉さん、大丈夫?」
 年配の女性の声で突然現実に連れ戻され、少し驚き振り向いた。自分に声をかけられたのか判断に迷い、あいまいな笑顔とともに会釈した。「泣きそうな顔して。」と言いながら、女性は優しげな表情を由香に向けている。久しく会っていない母と重なって見え、不意に張り詰めていた糸が切れたように、こみ上げてくるものがあった。「ごめんなさい」という言葉が声にならず、代わりに涙が溢れる。女性は少し困惑しながら「大丈夫よ」と静かに繰り返す。
 隆とは別れよう、ともうひとりの由香の声が聞こえた。溢れる涙を抑えることを忘れ、明日、隆に伝えることを決めた。もう一度、昔の自分のように自由の選択をするのだ。
暖かく少し湿った風が由香の濡れた頬を撫でていく。涙目に映る風景はどこまでも優しい。ふと見えた細い路地裏通りに、赤いゼラニウムの花が風に揺れていた。

                                               了

スポンサーサイト





この記事に対するコメント


お気軽にコメントをお書き下さい











«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。