散文ブログ『ちりぶみ』
数名による持ち回り創作ブログ。4のつく日(4・14・24)更新。
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    P助
    主宰。企画/発案担当。
    え、それって口だけってこと!?(笑)


    大塚晩霜
    デザイン担当。ブログのレイアウトが悪いとすればコイツのせいなんだ。
    週刊とりぶみ


    ナチュレ
    [プロフィール作成中...]


    仁礼小一郎
    沖縄出身ゴールデンルーキー

    某サークル六代目総長

    しがないサラリーマン
    ~順調にジョブチェンジ中!~
    (HP:気分は下克城!!
    See-Saa Night Fever!!


    こさめ
    万緑ソー中、紅一点!? 
    ココロに移りゆく何ごとか


    イシカワ マキ
    長野市在住。



カテゴリー



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト   (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カウント<P助>   (2006/07/04)
「は………?」

僕は彼女の姿に言葉を失った。
日曜日、そこに現れた彼女はジーンズと白いカーディガンのシンプルな姿だった。
だがその頭の上には、純白の数字の『1』が浮かんでいた。
立体的にも平面的にも見えるそれは、ゆらゆらと優雅に佇んでいる。

その日のことは殆ど覚えていない。
会話も、目線も、足取りさえも虚ろだった僕を気遣ってくれた、彼女の言葉をうっすらと覚えているぐらいだ。
だがその日よりも驚愕の事件が、翌日起こった。

おはようと声をかけてきた彼女の頭の上には……。


数字の『2』が浮かんでいた。


増えてる……。

言葉もない。
混乱と苦悩が渦を巻く僕の前で、彼女はただにこやかに笑っていた。



そしてまた翌日。
僕の後ろから、いつものようにおはようと優しい声が聞こえる。
だがもう驚くこともない。
僕は明るく振り返り、彼女に挨拶を返す。

「おはっ……よんっ…………………」


『4』かよ……。
これは想定外だ。
『3』をとばすとは侮れない。
少しイントネーションのおかしくなったおはように、彼女は明るく笑っていた。

それからも彼女の頭の上の数字は着実に増えていった。
たまに数を飛ばしながら。

次第にそんな光景にも慣れ、僕は彼女の頭の上の数字の変化を楽しめるようになった。
それは、もはや彼女の魅力の一つだった。

そのことを彼女に話そうかとも思った。
だが思い留まった。
どうやらそれは僕にしか見えないようだ。
おそらく彼女に言っても、いつものように朗らかに笑われるだけだろう。
彼女は優しく、穏やかに僕を愛してくれる。
そしてそんな彼女を僕も愛している。
それ以上、何もないのだ。
これから何があっても、この思いは変わらない。

明日はいくつになっているだろう。
そう思いながら、僕は健やかに眠りについた。



だが、このとき僕はまだ知らない。
翌日から彼女の頭の上の数字が減り始め、またしても僕を悩ませるようになることを。







今回の作品、いかがだったでしょうか?
面白いと感じて頂けましたら、是非下のバナークリックお願い致します。

感想コメント&トラバどしどしお待ちしています^^

P助
スポンサーサイト


テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学




この記事に対するコメント

この話
すごい面白い発想☆
やっぱショートだから続かないんでしょうね?
これ続きあったらSFでなくて軽いホラーになっちゃいそうだもんなぁ。
とてもワクワクするお話で楽しかったです。
明日から愛する人の頭上に数字が見えたらどうしよ(-v-;)
【2006/07/05 12:40】 URL | arty #-


隊長!続きが気になります!
【2006/07/05 14:52】 URL | にぅにぅ★ #yl2HcnkM

コメントありがとうございます!
artyさん、にぅにぅさんコメントありがとうございました!
もちろんこの話は続きません。
続きは皆さんの中にあります。
たくさん想像してください^^
【2006/07/05 21:27】 URL | P助 #tZDc9YLU

はじめまして。
カウント、面白かったです。

なんだか、ランキングを楽しみにのぞく、らんららを含めたブログユーザーさんのハートをつかむ感じ(?)
彼女に対する気持ちが増えていくような?
彼女の自分に対する気持ちが増えていくような?
どちらにしても、飽きない彼女になりそう。

また、遊びに来ます!
【2006/07/06 07:20】 URL | らんらら #-

はじめまして^^
らんららさん、ようこそいらっしゃいませ^^
読んで頂きありがとうございました!
ハートをガッチリ掴めたなら幸いです(笑)
過去の作品にも、きっと気に入って頂けるものがあると思いますので機械があったら是非読んでみてください。
またのお越しをお待ちしてます^^
【2006/07/06 08:40】 URL | P助 #tZDc9YLU


 こんにちは。
 P助さんの作品を読ませて頂きましたので、少しばかし感想を書かせてもらいますね(^^)

 どうして頭の上にカウントが浮かんでいるのか不思議な設定ですね。
 そのカウントが何の寓喩なのか、愛情ポイントなのかとも思うんですが、冒頭の二人の関係の親密さ具合から「1」からは始まらないような気がして、最後まで判らず終いでしたが、カウント飛ばしのノリには笑いましたw
 カウントダウンの予感を滲ませた結末は、想像力をかき立てられます。

 思うのですが、主人公の彼女への愛情ポイントではなく、実は彼女の主人公への愛情ポイントというのが正解でしょうか? 
【2006/07/06 16:04】 URL | ヨーノ #-

コメントありがとうございます^^
ヨーノさんコメントありがとうございました^^
彼女の頭の上のカウントが何なのか。作品が続かないように答えもありません。
愛情ポイントなのかもしれませんし、何かの記念日への(からの)カウントなのかもしれませんし、課題の残りページなのかもしれませんが、答えは僕にもわかりません。(笑)

でもそれが何なのか、考えている時点で主人公と同じ気持ちなんだと思います^^

これからも『ちりぶみ』をよろしくお願いしますね~!
【2006/07/06 19:33】 URL | P助 #tZDc9YLU


お気軽にコメントをお書き下さい











«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。