散文ブログ『ちりぶみ』
数名による持ち回り創作ブログ。4のつく日(4・14・24)更新。
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    P助
    主宰。企画/発案担当。
    え、それって口だけってこと!?(笑)


    大塚晩霜
    デザイン担当。ブログのレイアウトが悪いとすればコイツのせいなんだ。
    週刊とりぶみ


    ナチュレ
    [プロフィール作成中...]


    仁礼小一郎
    沖縄出身ゴールデンルーキー

    某サークル六代目総長

    しがないサラリーマン
    ~順調にジョブチェンジ中!~
    (HP:気分は下克城!!
    See-Saa Night Fever!!


    こさめ
    万緑ソー中、紅一点!? 
    ココロに移りゆく何ごとか


    イシカワ マキ
    長野市在住。



カテゴリー



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト   (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



電車の撮りかた教えま   (2006/05/24)
 さて今回は、読者の皆様から「鉄道写真の撮り方を教えて欲しい」という要望など全く無かったにもかかわらず、私の独断で鉄道写真撮影講座を開きたいと思います。題して、電車の撮りかた教えま「プワーンガタンガタンゴーガタンガタンゴー」、あ、すいません「ガタンガタン」今ちょっと「ゴーゴー」特急列車が「ガタンガタン」通過しているので「ガタンゴーゴー」うるさいかもしれ「ガタンガタンタタンタタン」
 いやあやっと行きましたね。さて、まずは用意していただくものですが、カメラ。これはどうしても必要でしょう、ええ。無かったら撮影できませんから。カメラはどんなものでも結構です。高級一眼レフでもコンパクトデジカメでも、それこそ「使い捨てカメラ」と呼ばれるようなレンズ付きフィルムでも構いません。そんなもので撮れるのかと思うかもしれませんが、レンズ付きフィルムを馬鹿にしてはいけません。持ち運びの便利さ、手軽さだけでなく、レンズ付きフィルムにはピンボケがありません。これは初心者にとっては大きなメリットではないでしょうか。なぜピンボケが無いかというと、レンズの「ピィーダダンダダンダダンガッガッガッガッガッガッガッガッガッ」という原理によっ「ガッタンガッタンガッタン」の場合と違って「ダッダンダッダンダッダンダッダンタッタンタタン」という訳なんですね。今、貨物列車が通過したので少々聞き取りづらかったかもしれませんが、要するにそういう訳です。
 次に撮影する場所ですが、これは私が今いる場所、すなわち駅が良いでしょう。手軽に行くことができるだけでなく、駅のホームというのは列車に最も接近できる施設なわけですから、迫力のある写真を撮る上でも便利であると思います。ただし、駅はあくまでも乗降のための施設であって、撮影のための施設ではありません。なので、まわりの利用客に迷惑がかからないように配慮すべきです。
 では、実際にカメラを構えてみることにしましょうか。カメラを構える時は、両足を肩幅くらいに広げて、少し「ピピピピー、ちょっとそこの人」
 え、俺?
 「そこで写真撮るのやめてもらえないかなあ」
 「ええっ、まだ一枚も撮ってないんですけど」
 「でもここは撮影禁止だからね」
 「え、だって別にマナーが悪いとか迷惑かけたとかじゃないでしょ」
 「はい、いいから行こうね」
 「ちょ、ちょっ待って、俺は別に善いこともしてないが、悪いこともしてない!」
 「はーい、おとなしく来ようね」
 「こ、このように、駅で撮ろうとすると強制退去させられる場合もあるので気をつけましょう。あ、特急が、スーパーゴージャスゴールデンあずさ1101号がぁ」
 プワーンガタンガタンゴゴーガタンガタンゴゴーガタンガタン

駅での撮影はみごと撃沈。駅間の線路際へと移動することに。

 先ほどは大変失礼しました。やはり駅での撮影は良くないですね。こういう時は駅から出て、線路際で撮るのが良いでしょう。特に地方のローカル線などは、のどかな雰囲気の伝わる写真が撮れるので良いのではないでしょうか。うん、やっぱり田舎は良いなあ。スローライフですよ。空は青いし「ゲェコゲェコ」、空気はきれいだし「ゲェコゲェコ」、誰もいないし「ゲェコゲェコ」、なにしろ「ゲェコゲェコ」都会と違って静かで「ゲェコゲェコ」って、さっきからうるせえよ!なんなんだよこのカエルの大合唱はよ!東京から少し離れただけで何だよ、この田舎っぷりはよ!
 まあそんなわけで、今度はカエルのせいで聞き取りづらい事があるかもしれませんが、撮影講座を続けたいと思います。
 さて、今いる場所は駅ではないので、当然列車は停まることなく走り去ってしまいます。列車という高速で移動する被写体を、ぶれることなく写し止めるためには、シャッタースピートを速めることが必要になってきます。具体的には「ゲェコゲェコ」秒から「ゲェコゲコグェッグェ」秒くらいがいいでしょう。「ゲェコゲコグェッグェ」秒というと、飛んでいるハエでも「ブゥーンブンブーン」止まっているように「ブゥンブンブーン」写すことができる「ブゥーン」、なんで本当にハエが飛んでんだよ!「ブゥンブゥン」こっち来んなよ、うぜえ!
 お、そんな事をしている間に列車が来ましたよ。走ってくる列車を撮る時は気分を落ち着けるために、深呼吸をしましょう。
 スゥー、ゴホゴホゲヘゲホ。
 くせえ、なんだこのバキュームカーの香りは。うわ、うそだろ、こんなところに「ブゥーン」溜めがあるじゃねえか。こんな近くに肥え「ブゥン」があったら臭えに決まってるよ。ちくしょう、今どき天然肥料かよ、何だよそのこだわりの野菜づくりはよ。
 そんなことより列車が来たよ!早く、深呼吸だ!鼻をふさいで深呼吸だ。
 スゥー、ハァー、スゥー、ウプッ、ゴホッゴホッ!
 なんか口に入った!ハエだ、ハエが口の中に!まさか「ブゥン」溜めにタッチアンドゴーしたハエじゃねえだろうな!
 ゲェホゲホゲホ!オゲェフォ!オヴォヘヤ!エヴェヒャイ!
 なんでケンシロウにやられたモヒカン雑魚キャラの断末魔みたいな声を出さなくちゃいけないんだ。それより、早くカメラを、意地でも撮るぞ!
 パシャ。
 あー、ゲホゲホ、なんとかゲホゲホ、撮ることができました。とりあえず、お茶でうがいだ。ガラガラガラ、ペッ。ふう、少し落ち着いた。さて、それでは先ほどの成果をさっそく見てみることにしましょう。こういう時デジカメだとすぐに見れるのが良いですね。どれどれ、えーっと、何も走ってない線路と、遠くの山と、「ブゥン」溜めしか写ってねえ。


沿線での撮影もみごと憤死、再び駅での撮影に挑む


 いやあ、さっきはひどい目にあいました。やっぱりね、駅で撮るのが良いですよ、ええ。
 さて、カメラの基本、シャッタースピード、と来て次にお話するのは「露出」に関することです。露出、聞いた事があるでしょうか。露出というのは簡単に言えば、光の量です。光の量が多ければ、つまり明るければ露出がある、露出が多いということであり、暗ければ、露出が無い、露出が少ないという事になります。露出に関してはマニュアル操作もできますが、最初のうちは露出はオートでも「あー、ちょっとすいません」
 え、係員がいっぱい来た。何、また追い出されるのか?
 「ちょっとどいてもらっていいですか?」
 「あ、すみません」
 そうそう言い忘れてましたが、駅のホーム端で撮影する場合、このように保線などの係員さんが通る場合がありますので、邪魔にならないように立ち位置を工夫しましょう。それにしてもこの集団は何なんでしょう。みんな線路に降りていきます。点検作業と、その研修でしょうか。まあいいでしょう。話を戻して露出ですが・・・
 「電車の写真撮ってるんですか?」
 女の人の声、振り返ると鉄道会社の制服を着た女の子が立っている。さっきの集団のひとりだろうか。
 「ええ、まあ、今日はまだ成果が無いですけど」
 ちょっと待てよ、メチャかわいい。へえ、こんなかわいい人が鉄道会社にいるんだ。ああ、そんな事より、露出が、
 「電車が好きなんですか」
 「ええ、まあ。それよりみんなと一緒じゃなくていいんですか?」
 「私だけヘルメット無いから来ちゃ駄目って言われたんですよー」
 「そうですか」
 ていうか、みんな行っちゃったから、この娘と二人っきりなんだけど・・・、やばい、なんかドキドキしてきた。ああ、なに考えてんだ、撮影講座はどうした。そうだ、露出だ。それにしても、この娘スカート短くないか。制服でそんなに短くていいのか。フトモモの露出がすごいぞ。ただでさえ俺はフトモモ大好き制服フェチなのに、顔もカワイイし、この娘はなんかエッチだ。英語で言う所のエロ、ドイツ語で言う所のミハエロシューマッハーだ。ああ混乱してるぞ俺。小学生でも言わないようなくだらないことを。集中せい、露出だ、フトモモだ、いやいやそうじゃない。
 「今日はいいお天気だから撮影日和ですね」
 「そ、そうですね」
 黙っててくれよフトモモ。いまロシアの、いやいや露出の話をしようと、ていうか今見たら、この娘、オッパイもデカい。いわゆる巨乳だ、それこそロケット乳だ、ロシア語でいうところのスプートニク乳だ。大変だ、俺のモスラの幼虫が成長を始めてしまった。くっ、これでは立つことすらままならん。ひとまず時刻表を見るフリをして、しゃがんでやり過ごすぞ。ああ、いかん、すぐに特急列車が来るぞ。しかも、今度来るのは臨時特急「グレートエレガントスーパーエクスプレス901号」じゃないか。絶好の被写体だ。それなのにこんな状態で。くっ情けない。
 「あれ、特急が来ましたよ、撮らなくていいんですか」
 「え、ええ、もうあれは今まで飽きるほど撮りましたから」
 「そうですか」
 そんなわけねえだろー。撮るの初めてだよぉ、撮りてえよー。だけどフトモモ「プワーン」乳な女の子見てたらボッ「ガタンガタン」って、立つことができ「ゴーゴーゴーゴー」ったからしゃがんで「ガタンガタン」それこそ当社比1.5「ゴーゴーゴーゴー」レたら恥ずか「ガタンガタンタタンタタン」んて言えるわけねえもんなあ。ああ、行っちゃったよお。くそ、全部フトモモのせいだ。
 でも、次にはまだ、今日の本命ともいえる列車が控えている。今や無くなりつつある寝台特急の「ゴージャス&ビューティフルミッドナイトリミテッドエクスプレス」だ。最悪これさえ撮れれば今日は良しとしよう。それまでにはモスラも落ち着いているだろう。
 よし、遠くにヘッドライトが見えた、来たぞ。モスラも問題無しだ。そろそろ立つか。
 「ねえ、さっきからしゃがんでるけど気分悪いんですか?」
 おっと、もう列車が来るというのに話かけるんじゃないよ。
 「いえ、大丈夫で…」
 おいちょっと待て、そんなに短いスカートでしゃがんだら、しゃがんじゃったら・・・。「プワーン」ツが見えちゃうじゃないか!「ガタンガタン」れでもう俺のモス「ゴーゴーゴーゴー」血液が集中しサナギを経て成虫「ガタンガタン」属バット並みの固「ゴーゴーゴーゴー」1.5倍どころか2倍「ガタンガタン」くに動けない「ゴーゴーゴーゴー」もある意味ラッ「ガタンガタン」っちょが少しヌル「ゴーゴーゴーゴー」そういや撮影講「ガタンガタン」どうでもい「ゴーゴーゴーゴー」ばらく観賞し「ガタンガタン」「タタンタタン」「タタンタタン」。


おわり


今回の作品を読んで、撮影の際の参考になった、持病のリウマチが治った、おもわず当社比1.5倍になった、という方は下のバナーをクリック!


スポンサーサイト





この記事に対するコメント


変わらぬ奔放な作品でとても楽しめました!
マニアック>ギャグ>エロの展開には思わず電車の中でニヤリとしてしまいましたよ(笑)

次回もがんばってください^^
【2006/06/08 10:02】 URL | ロビタ #tZDc9YLU

最近マニアックばっかりで・・・
ありがとうございます。
出だしがマニアックっぽいのであまり読んでもらえなかったのでは、と反省しております。
後半はわりとうまくいったと思っていますが・・・。出だしにもう一工夫ですかね。
【2006/06/21 03:58】 URL | ナチュレ #-


お気軽にコメントをお書き下さい











«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。