散文ブログ『ちりぶみ』
数名による持ち回り創作ブログ。4のつく日(4・14・24)更新。
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    P助
    主宰。企画/発案担当。
    え、それって口だけってこと!?(笑)


    大塚晩霜
    デザイン担当。ブログのレイアウトが悪いとすればコイツのせいなんだ。
    週刊とりぶみ


    ナチュレ
    [プロフィール作成中...]


    仁礼小一郎
    沖縄出身ゴールデンルーキー

    某サークル六代目総長

    しがないサラリーマン
    ~順調にジョブチェンジ中!~
    (HP:気分は下克城!!
    See-Saa Night Fever!!


    こさめ
    万緑ソー中、紅一点!? 
    ココロに移りゆく何ごとか


    イシカワ マキ
    長野市在住。



カテゴリー



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト   (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



夏の終わり   (2006/10/24)
 恭子は目をみはった。見覚えのある泣きぼくろの横顔が恭子の目の前を通り過ぎていく。けたたましく鳴る出発のアナウンスとともに、声をかける間も無く恭子を乗せた新幹線はそのドアを閉じた。ドアの向こうの雑踏に消えた背中は、あの男だった。

                     ◇

 久々に帰省した街は、刻一刻と変化を遂げている。恭子の実家のワンブロック先はいつの間にか区画整理され、新興住宅地に変貌していた。 小学校に張り巡らされた高い塀。昔よく通ったパン屋は、シャッターを下ろしひっそりと佇む。小さな商店街はシャッター通りになったが、対照的に一本隣りの公園通りは新しい施設が増設され、まわりには郊外型の大型店がひしめき、市街地より人も交通量も多く賑やかだ。
 短大進学と同時に上京して以来、すっかり地元には寄り付かなくなった恭子である。恭子はなぜか、この街の湿度の少ない過ごしやすい晩夏よりも、都会のじっとりとしたしつこい残暑が好きだった。盆にも帰省しない恭子を見かねた両親が、いい加減に帰ってきなさいと連日電話した甲斐あって、夏も終わりになった頃ようやく帰省したのだ。
 家に居れば案の定、盆と正月くらいは帰って来いだとか、隣の娘は二十歳で嫁に行っただとか、年老いた両親はとやかくうるさい。この街では都会の一人暮らしのような自由な時間は持てない。近所を歩けば幼馴染に会い、幼馴染の家族に声を掛けられる小さな街だ。反対に十年来住む都会は、喧騒に身を隠していれば誰も恭子に気が付かない。適当に男と遊んでいても誰も恭子を咎めない。
 閉じるドアの向こうに消えたあの男が、恭子の胸中を独占していた。鉄道会社の作業服を着、運輸車両部と書かれた腕章をはめていた。男は恭子に気付かず足早に喧騒の中に呑み込まれていった。

 大粒の雨がぽつんぽつんと居間の窓ガラスにあたり、ふと我に帰る。 窓閉めてちょうだい、とキッチンから母の声が聞こえた。徐々に本降りになり、わずかに開いた窓から吹きこむひんやりとした風が恭子の白い肌を刺した。その冷風は、ふと勤務先のビルの連絡通路を連想させた。夏でもひんやりと冷たい無機質な空間。灰色の壁、階段、冷たい手すり。足音が不気味に響くあの空間こそが都会の象徴だと恭子は感じている。そそくさとその通路を通るのが恭子の日課だ。もしも人が忽然と消えても誰も気付かないであろうその空間は、孤独という文字がよく似合うのだ。

 あの日、男は響きのある低い声と不釣合いな笑顔と飾らない語り口で、ジムのインストラクターだと言った。出身は辺鄙な田舎町でもう何年も帰っていないんだ、と冗談交じりに言っていて、私もそうなのと話が盛り上がり、久しぶりに他愛ないことを人と語り合った。その夜恭子は、鍛えられた体と低く響きのある声に酔いながら、もう会うこともないはずの男の泣きぼくろに、そっと唇を重ねた。

 雨脚はいよいよ強くなってきた。二階の窓を閉め忘れていたことを思い出し急いで階段を駆け上がる。「偶然」という言葉が恭子の脳裏を駆け巡り、激しさを増す雨脚と共に使命感にも似た感情が沸く。
 彼に、もう一度会いたい。
 偶然の出会いと再会。その事実に意味など無いだろう。無骨で飾らない、誰も知らないちっぽけな存在の男は恭子にとって、どこか疎ましく、どこか懐かしい。彼との再会の意味は何なのだろう。再会を乞う自分は何なのだろう。自問自答は悶々と紡がれ、駆り立てられた衝動を恭子は抑えることができない。
 受け入れてくれようとも、そうでなくとも彼に会いに行こう。
 連絡先も知らないその男と再び会える確信が何故か恭子にはあった。 激しい雨脚はまだ続いている。恭子の頭は妙にすっきりと冴えていた。激しい夕立によって自分も、空気さえも洗われていくようですがすがしい。さっき開いたばかりのボストンバッグを再び閉め、少し心が痛んだが、私、悪いけど今夜帰るね、と両親に伝える。
 夏もそろそろ終わる。ひんやりと吹く風が相変わらず恭子を包んでいる。晩夏に降る激しい雨音は両親の小言をかき消し、恭子の背中を後押しするように降り続いていた。

                                        了

スポンサーサイト


空っぽの明日   (2006/10/14)
 ――やってられるか。
 月曜日、夜の10時。
 ひと気のない路地で、くたびれたスーツ姿の男は呟いた。
 ――やってられるか。我慢できない。
その顔は憤怒と落胆と失望で強張り、まだ20代半ばだろうと思われるその風貌は、疲労しきった40代に見える。保険会社に勤めている男は、上司のミスの尻拭いをさせられ、会社全体に大問題を起こした。右手に持ったアタッシュケースが、今日はいつもよりずっしりと重い。
24時間営業のコンビニエンスストアに入り、カップ麺とおにぎり一個を買う。迷ったが最後にマイルドセブンを付け足した。
 ビニール袋を下げ、とぼとぼ歩くその先に、おあつらえ向きの小石を見つけた。ちょうど歩幅が合い、男は右足でコン、と蹴飛ばした。小石は2メートルくらい先にうまい具合に転がった。男は歩を止めない。また右足の先にさっきの小石がある。今度はちょっと力を弱めて突付くように軽く蹴った。力が弱かったのか、少し左に道筋が逸れた。だんだんおもしろくなってきた。
 子どもの頃は、こんな小石一つで何時間でもサッカーが出来たものだ。
 単純で、くだらないこんな遊びに、喜びを見つけ、いつの間にか没頭していた。車道に入ったら、負け。自分で決めたルール。仕事のルールも、これくらい単純だったらどれだけ楽だろう。上司も複雑な派閥も関係ない、
 でも、単純な仕事ほど退屈なのも分かっている。
 どれだけ文句を言っても、辞められないのも分かっている。
 それだけに、腹が立つ。
 結局は妥協か。
 
 男は小石を蹴り続ける。
 モヤモヤした霧みたいなもので頭がいっぱいで、不覚にも男は、すぐ後ろを歩く親子連れに気付いていなかった。自分を含めた、3人の足音に混じって、小声でしている親子の会話が耳に入った。
「いい歳して、石コロなんて蹴って歩いて」
 いかにも侮蔑を含んだその女性の声に、男はふと、視線だけを軽く後ろに流した。
「オトナでもあんなことするんだね、おかあさん」
「みっともないから、ヨシくんはあんな大人になっちゃダメよ」
 その親子が自分の話をしていると気がついた時、カァッと、なんとも言えない恥ずかしさと屈辱感が全身を駆け巡った。
 石蹴りゲームはそこで終了。羞恥を消し去るように、男は足早に歩いてゆく。
――お前らに何がわかる。学校で勉強して塾で勉強して家でも勉強して。俺も立派な大人になろうと思って勉強してたんだ。今いくら必死に勉強したところで、お前もいずれ俺になるんだ。今勉強していることなんてこれっぽっちも役に立たないってことが、今に分かるさ。
 そこで、母と息子の会話は途切れた。どうやら、道沿いに自宅があったらしく、重い扉を開く音に続き、「ただいまー」という元気な声が遠く後ろから聞こえた。
 
 男はつい足を止め、後ろを振り返った。今しがた閉じられた重厚な扉をじっと見つめる。その一軒家の窓という窓から光が洩れはじめた。
 「――ちくしょうッ」
 胸の奥から搾り出すようなその声が、暗い路地にむなしく響く。ビニール袋を抱え、男はさらに暗い闇へと走り出した。

 月曜日、夜の10時。


『ボイサー養成マニュアル』   (2006/10/04)
前書き

ボイサー(Voicer:“Voice”&“er”の造語)とは、日本政府が考え出し普及させた在宅ワークのことである。
本書では、そのボイサーについての理解を深めると共に、優れたボイサーとなるための基礎知識を得ることを目的とした、簡易版のボイサー養成マニュアルである。
本書を手にし、一人でも多くのボイサー志望者が、優れたボイサーへと成長していく事を、私は願っている。



目次


1-ボイサーの誕生とその背景
2-ボイサーの役割と仕組み
3-ボイサーの意義




1-ボイサーの誕生とその背景


20××年6月、厚生労働省と経済産業省の特別編成チームが「ボイサー」と呼ばれる政府主導の在宅ワークを発表した。その画期的で独創的なワークスタイルは、すぐさま反響を呼び、日本全国に広がっていった。

その当時、日本は深刻な問題を抱えていた。団塊世代に定年の波が押し寄せた事により、2005年から徐々に進行し始めた就労人口の減少は、被保護の立場である年金受給者など高齢層の増加と合わさり、就労者一人一人への負担度、依存度の高まりを招いてしまった。

結果、企業側は減少する就労者を少しでも効率的に就労させようと、機械化、オートメーション化を推進し、それにより人的パワーの供給先がよりコア業務へと変革と遂げていった。

そのような中で、定年を迎えたものの体力がまだ有り余っている、つまり就労の意志を持つ定年退職者が年々増加していった。しかしながら、コア業務をこなすだけのスキルが無いため、再就職の機会は減少し、多くの定年失業者(定年退職後に再就職を希望するも就職先が無い高齢者のこと)を生み出す結果となった。

この歪み始めた社会構造を改革するために組織されたのが、先述の特別編成チームであり、研究の結果生み出されたのが、「ボイサー」だったのである。




2-ボイサーの役割と仕組み


ボイサーとは、機械化・オートメーション化の走りであった自動音声部分を、全て人間の手による手動化、つまり「退化」させることによって、半ば強制的に労働需要を創出する役割を持っているといえる。

自動音声部分の例としては、最もオーソドックスかつ身近なものとして「自動電話応対機能」が挙げられる。電話番号間違いにおける「お掛けになった電話番号は現在使われておりません」や、混線時の「只今回線が混み合っており大変繋がりにくくなっております」といったNTTアナウンスはもちろん、予約回線の自動音声や、留守番電話アナウンスなどが手動化されていった。その他、カーナビや家電製品の音声お知らせ部分や、駅やバスなど輸送機関でのアナウンスなど、多くの分野で「退化」が行われ、それに合わせて労働力の需要も生み出されていった。

ボイサーの資格を取った有資格者は、政府より認定を受け在宅ワークを行うことになる。その際、業務に必要な機材一式は無料で社団法人ボイサー推進協会(VA:Voicer Assosiation)よりリースされ、その機材を使用して業務をこなす。

ボイサーワークツール(通称:VWT)と呼ばれているこの機材一式は、最新鋭の技術が用いられており、モバイルIPフォンとブロードバンドを活用したリアルタイムな映像の受信システム(通称:ボイサーライブ!)、そしてエリアごとに管理されるコントロールシステム(VICC:Voicer Intensive Control Center:ボイサー集中管理センター)の組み合わせによって構成されている。

このことによって、自宅にいながら受け持ち場所のリアルタイムな状況を把握し、その状況に応じてVICCより指示を受け、その指示通りに、時にはタイムリーな対応も行いながら自らの「声」を使って発声することが可能となり、それこそがボイサーの業務内容である。

ボイサーには階級制度があり、経験を積み試験にパスをすれば階級が上がり、より難度の高い業務を任されることとなり、もちろんその階級に応じて報酬も増減する。

そのボイサーへの報酬は、政府と日本経団連が主導するボイサー推進協会(VA)より支払われ、その供給源となっているのは、年々高まりつつあった「企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)」 の観点から多くの企業が出資するボイサー基金である。その基金に出資することにより、企業は「経済や社会への貢献」という顧客や消費者に対するブランディングが可能となる仕組みとなっている。

こうした複雑な利害関係と日本政府の特別編成チームの尽力によってボイサーは生み出され、そして現在では法律によってボイサーは社会的に保障されるようになった。




3-ボイサーの意義


労働需要の創出を目的とした政策として、アメリカのケインズ政策が挙げられる。政府が積極的に歳出を行うことで労働需要を高め、労働市場の不均衡を解決しようとするその姿勢は、まさにボイサーにも通じる部分が多いと言える。ただ、ケインズ政策との大きな違いとして、政府だけではなく企業からの出資があるという部分であり、時代のニーズに応えた画期的な政策であることはいうまでもない。

ボイサーの誕生と成長は、当初の目的であった「高齢層の失業問題」の解消だけでなく、社会問題化していた「ニート(Not in Education, Employment or Training:略称NEET)」と呼ばれる若年無業者への対策といった面でも効果を現している。家にいながらにして、そこまで特別な知識も必要とせず、好きな時間に働けるというワークスタイルのフレキシブル性が反響を呼び、ニートの更正といった面で注目を集め、実際にこれまでに多くのニートが社会へと巣立つステップアップとしてボイサーを活用しているという報告もある。

こうして、今やボイサーは日本に無くてはならない存在となり、無業者・失業者が減り国民全体の所得が上がることで市場は活性化され、経済サイクルの潤滑油としての役割も果たすようになったのである。



終わりに

ボイサーは日本経済を活性化させ、多くの人々に労働の機会を与えている。今日では多くの人々がボイサーになるため学んでいると聞く。職業というものは時代によって変遷していくとは言うが、正直ボイサーが誕生した当初に、これだけ成長し、かつ重要な存在になるとは誰が考えられただろうか。

この本を手に取り、ここまで読了していただいた読者の方には、ボイサーの素晴らしさを伝えられたと思うが、その意識を失わずに立派なボイサーとなり、日本のため、社会のため、そしてもちろん自分自身のために、働き続けてくれることを願いながら、このマニュアルを終えることとしたい。





「ボイサー養成学校」の新任講師イトウは、明日の授業に備えマニュアルを再読し、パタンと本を閉じた。若干の目の疲れを心地よく感じながら、明日の授業について思いを馳せる。
彼が持つクラスは生徒数こそ少ないものの、ニートに元ヤン、老人など個性豊かな生徒達がおり、まとめるのに苦労しながらも、イトウはそれなりに充実感を得ていた。
明日はいよいよ実践練習が始まる。その光景を頭に思い浮かべながら、イトウはベッドに横になり、瞳を閉じて意識を遠のけた。




今回の作品は如何だったでしょうか。
新任講師イトウの授業風景をご覧になりたい方は、2006年10月15日(日)、新宿ゴールデン街劇場で行われる、劇団YAX直線の番外公演『原則一乃巻』にお越し下さい。
当日、個性豊かな生徒達と共に、イトウの奮闘ぶりを伺えるかと思います。



テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済



«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。