散文ブログ『ちりぶみ』
数名による持ち回り創作ブログ。4のつく日(4・14・24)更新。
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    P助
    主宰。企画/発案担当。
    え、それって口だけってこと!?(笑)


    大塚晩霜
    デザイン担当。ブログのレイアウトが悪いとすればコイツのせいなんだ。
    週刊とりぶみ


    ナチュレ
    [プロフィール作成中...]


    仁礼小一郎
    沖縄出身ゴールデンルーキー

    某サークル六代目総長

    しがないサラリーマン
    ~順調にジョブチェンジ中!~
    (HP:気分は下克城!!
    See-Saa Night Fever!!


    こさめ
    万緑ソー中、紅一点!? 
    ココロに移りゆく何ごとか


    イシカワ マキ
    長野市在住。



カテゴリー



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト   (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



パーツショップ   (2006/09/24)
 すこし疲れ気味の体調を理由に、定時で会社をあがった。なんとなく、いつもと違う道で帰る。薄暗い空、慣れない道、コウモリがへろへろと飛んでいる。夕暮れ時は心に不安がさし込む。それでも私は大通りを避け、路地を選んで歩く。ふと目に飛び込んだひとつの看板。「パーツショップ」とある。近所にこんな店があるなんて・・・。とても小さな店だ。大都市の通り沿いにあるような、派手な電飾を使った大手のパーツショップとは違ってあまり繁盛してないように見えるが。私はなぜだか、吸い込まれるように中へと入る。
 店の中は薄暗く、思ったよりも奥行きがある。店の棚には商品が所せましと並べられている。そしてこの店の商品は他とは全く違っていた。
 「長いけど太い足」
 「毛深い腕」
 「ちょっと大きすぎる唇」
 「つり上がった細い目」
 商品の特徴を一言で表わした名前がつけられている。しかし、どうも欠点の多い商品ばかりのような気がする。普通なら俳優やタレントなどの、誰もが憧れるような人物のパーツを複製した物を揃えておくのだが。
 「こんなの売れるのかな」
 「意外と売れてますよ」
 店の奥から突然の返事。振り返ると、店の主人が小さなカウンターの向こうに座っている。あわてて振り返り、わびる。
 「これは失礼。ただ、この店の商品がとても変わっていたので」
 「みなさんそうおっしゃいますよ。たいていの人は有名人だのモデルだののパーツを欲しがりますから」
 だれでも自分を格好よく、美しく見せたいと思うもの。ならばこの店にあるようなパーツは誰も買わないのではと思ってしまう。
 「じゃあ、この店の商品は一体・・・」
 「今ではみな御自分の体を、俳優やモデルの体を複製して量産されたパーツと交換するようになりました。その時に不要になった御自分のパーツは下取りに出してしまいます。うちではそういったものを買い取って、商売をさせていただいてます」
 なるほど、それで欠点の多い商品ばかりなのか。でもそれならこの店にある物は、どれも人工物でない天然物ということか。どうりで、この店には同じ物が二つとない。
 「最近では全身を量産品と交換してしまって、確かに美しいのだけど個性が無い人ばかりでしょう。だから体の一部にわざと欠点を持たせて、アンバランスにして、それを御自分の個性になさっている方が増えているのです。そういう方がうちの商品を買われるのですよ」
 そういうことか、それでもやっぱりどう見ても売れそうにないものもある。
 「偏平足」だとか「しわだらけの手」などは一体だれが買うのかと思ってしまう。
 主人は言う。
 「どんなに醜く思えても、大事なのは個性ですよ。やはり自分のパーツが良いと言って、買い戻しに来るお客様もいらっしゃいますよ。思い入れのある、自分の体ですから。ところで・・・」
 「今日はどういったパーツをお探しで?」
 「あ、いや、ちょっと立ち寄ってみただけで・・・」
 主人はこちらの方をまじまじと見ている。
 「失礼ですが、お客様はパーツ交換を一切なさっていないようで」
 「ええ、まあ」
 会社の同僚はみな人気のパーツで全身を固め、それを時代の流行に合わせてこまめに取り替えている。だからモデルのようにスタイルがよく、俳優のような美しい顔で、且つ極めて無個性だ。私は違う。私は自分の体を気に入っている。妙に白い肌も、不格好なオー脚も、たいしてハンサムでもない顔も、全てが親から授かった自分だけの物だ。他の誰とも違う。
 「どうですか、パーツを変えると気分も変わりますよ」
 パーツ交換など今まで考えたこともなかった。自分の体を量産品と取り替えるなど、想像するだけでも不気味だった。だが、この店のパーツは不格好ながらも、どれも個性にあふれている。この店のパーツなら試してみてもいいかもしれない、そんな気分になった。
 「そうだな、じゃあひとつもらおうかな」
 「ありがとうございます。どれになさいますか」
 実はさっきから気になっている物がある。
 「この“感傷的な瞳”というのは?」
 「それはこの近くに住む高校生が、男のくせにちょっとしたことですぐに泣いてしまう自分が女々しくて嫌だ、と言って売っていった物です」
 感傷的という妙に抽象的な名がどうにも心ひかれるのだ。私はこれに決めた。
 「すぐにお取り付けいたしましょうか。1時間ほどでできますが」
 「ええ、お願いします」
 「では奥でいたしますので、こちらへどうぞ」



 パーツの交換を終え、私は店を出た。陽はもう沈んでいて、東の空から暗くなっている。新しいパーツは意外なほどなじんでいる。もっと大変なものかと思っていたが・・・。
 「俺もとうとう・・・」
 ひとつつぶやいてみる。私もとうとう、自分の体に手を加えた。後悔の気持ちはない。ただ、予想以上にあっさりと交換できたせいか、さほどの新鮮味も無い。本当に、どうってことない。みんなが気軽にあれこれとパーツ交換する気持ちが少し分かった気がする。ただ、この“感傷的な瞳”は、すっかり涼しくなった秋の乾いた風が、枯れ葉を巻き込んでくるくると舞っているのを見ただけで、もろくも涙を流してしまうのだった。












今回の作品はいかかでしたか?
面白かったと感じたら下のバナーをクリックしてください。
コメントもお待ちしております。


スポンサーサイト


『小松軍曹と佐藤兵長』他一篇   (2006/09/14)
 あわれな市尾伍長のことを誰か覚えていますか。文学を憎む上官に刃向かい、「ペンは剣よりも強し」と主張しながら非業の自死を遂げた、あの兵士のことを。横暴な小松軍曹に封殺されたも同然のあの才能を。
 今度は、わたくしの番です。
 ある日の午後、わたくしは軍曹の宿舎に呼び出され、嫌味たっぷりに、こう告げられました。
「この戦時下に、文学などという、たわけた遊びに興ずる不埒者め。貴様のような青ビョウタンは実戦に突入しても大して役には立たん。今のうちに、ちょっとは隊に貢献してみろ。」
 嫌な予感がします。わたくしの苦手とする肉体労働や苛酷な土木作業に従事させられるのではないでしょうか。いずれにせよ、いかなる命令であっても、断る事はできないので了承する他ありません。
 軍曹はゆっくりと息を吸ってから語を継ぎました。
「佐藤兵長、ここに命ずる。味方の士気を鼓舞する文章を作成せよ。」
 それは、わたくしにとって、意外な命令でした。確かに、その方面ならば軍にとって利益となるような仕事が出来るかも知れません。「はっ。承知いたしました。」わたくしは晴れやかな顔で敬礼しました。
 ただし、小松軍曹は文学を憎んでいます。文章の美を全く理解しない男です。ですから、読ませるとすればなるべく平明なわかりやすい文章にしなければなりません。バカでもチ×ンでも読めるような、易しい文章を書かなければいけません。兵士の勇猛心を刺激するには難しい漢字の多用が一番なのですが、今回は見合わせねばならないようです。これは大変そうです。腕の見せ所ですぞ。
 わたくしが胸のうちで不快ではない煩悶をしていますと、軍曹が続けて問いを発しました。
「貴様の筆は、一日にどれくらいの文章を書くことができるのだ?」
「はっ。」わたくしは多少得意げに胸を反らせて答えました。「ラドクリフ一等財務次官が拙宅に泊まった際の記録──あれを執筆した時は、奔馬蒼天を駆けるという勢いでして、たしか一日で一万に及ぶ文字を連ねたと記憶しております。」
「そうか。それは枚数にすると何枚分だ?」
「四百字詰め原稿用紙のマス目を改行なしでギッシリ埋めるとすれば、二十五枚の文量となるはずです。」
「よし。」驚愕すべき、小松軍曹の次なる発語。「明日のこの時刻までに五十枚以上の文章を書いてこい。」
 わたくしは少時あっけにとられたのち、思わず聞き返しました。
「おそれながら、聞きまちがえたかも知れませんので、もう一度おっしゃっていただけますか。」
 軍曹はうるさそうに、そして、事も無げに繰り返して下さいました。ごていねいに、ゆっくりと、聞きまちがえないように。
「貴様の耳はなんと遠いのだ。隊の戦意を高揚させる文章を、二十四時間以内に、原稿用紙五十枚以上で、提出せよ、こう言ったのだ。」
 わが耳を疑いました。とてもではありませんが、五十枚などという文量は一日では書けません。三十日換算にすれば月産千五百枚。寸暇を惜しんで机に向かう流行作家でさえ月産五百枚程度が限度です。千五百枚と言えば、その三倍の仕事ではありませんか。無理です。絶対に無理です。
「お言葉ではありますが、その文量は、ひとりの人間が一日に成せる仕事の許容量を、大きく大きく逸脱しております。せめて、せめて一週間いただければ…」
 すがるような気持ちで猶予の延長を懇願しました。しかし小松軍曹は、まゆ毛・眉間・皇帝髭・唇をそれぞれ山なりにゆがめ、憎々しげに言い捨てました。
「たわけめ。わけのわからぬ用語を並べおって。」
 しくじりました。「許容量」「逸脱」という語は、小松軍曹にとってはあまりに高度な単語だったのです。もっとわかりやすく、幼児に言って聞かせるような、簡単な言葉で説明しなければ通じません。
 わたくしは頭の中での言い換えに苦労し、口ごもりました。その様子を見て、軍曹は泰然たる面持ちを取り戻し、冷たく突き放しました。
「良いな。五十枚だぞ。一時間に三枚書けば良いではないか。簡単な作業だ。」
 なんという不運。小松軍曹が文系の人間でない事は明々白々の事実でしたが、かと言って理数系でもないとは。まさか単純な計算もロクに出来ないとは。敵は手強い。根っからの体育会系です。
 軍曹は行李から原稿用紙のたばを取り出し、わたくしの胸に放りました。
「もし、書けなければ──」まさか、降格処分でしょうか。それとも営倉入りでしょうか。「──市尾と同じ運命をたどってもらう。」自決ですか!「しっかりやれ。以上だ。」悪い冗談ではないのですか!
 一方的に命令遂行を告げた軍曹は、立ち尽くすわたくしをその場に残し、意気揚々と部屋を出て行きました。
 わたくしはしばらく茫然と立ち尽くしました。頭の中が混乱し、動く事ができません。
 ようやく動けるようになったのは、足下から徐々に込み上げて来る恐怖感に突き動かされてからの事です。わたくしは原稿用紙のたばを胸に抱きしめ、顔を紙のような色にし、急いで自分のテントに戻りました。
 背嚢から万年筆を取り出し、粗末な机の前にドサリと座りました。何を書けというのか。「一日で一万に及ぶ文字を連ねたと記憶しております。」胸を張って答えた自分のこの愚かさ。それは書くという行為が楽しくて仕方がなかったからこそ成し遂げられたのであり、気の進まぬ戦争賛美などを無理に書けと強制されるのとは、まるっきり条件が違ってきます。それに、このような野営地のさなか、劣悪な環境下で落ち着いて文章など書けるものではありません。あの畏怖すべき天才・市尾伍長でさえ、一週間かけて一枚の文書を書いただけです。小手先だけの技術を弄し、奇抜な文体実験ばかりを繰り返す、文才に乏しいわたくしには、とても…。
 何の腹案も浮かばぬまま、とりあえず何か勇ましい文を書きつけてみました。
行矣いけ縱軍の兵士、吾人今や諸君の行をとゞ むるに由なし」
 これはだめです。剽窃です。幸徳秋水が書いた文章です。しかも悪いことには、この梨の品種に似た名の男は反戦の立場です。それより何より言葉がむずかしいです。格調の高い文章はあの軍曹には通用しません。
 わたくしは今書いたばかりの文章の上に未練なく棒線を引き、そのまま頭を抱えてしまいました。ああ、本当に、わたくしはどうすればよいのでしょうか。
 そこから先は、もう、よく覚えておりません。やがて陽が落ち、簡易ランプの薄明の下で、一心に万年筆を動かしていた記憶が朧気にあるまでです。
「…藤兵……藤兵長…」
 どれくらいの時間が経ったのでしょうか。自分が何をしたのか、よく覚えておりません。やっと我に返ると、わたくしはテントの中に倒れ伏していました。腕が痺れています。テントの外はすでに明るく、そして、ああ、入り口から中を覗き込んでいるのは小松軍曹の側近。
「佐藤兵長!佐藤兵長!作品を携えて外に出よ!」
 規定枚数に達しているのかいないのか、それもわからぬままの原稿を手に、のそのそとテントから這い出しました。軍曹はわたくしに何かしゃべらせる暇も与えず、『行軍記』と題されたそれを引ったくると、パラパラとめくり始めました。
 わたくしの生死の決まる、審判の時間でした。
「うーん。」
 軍曹はほとんど黙ったままで原稿に目を通していましたが、時おり意味ありげに低くうなります。失望なのか感嘆なのかハッキリとしない「うーん」が差し挟まれるたびに、わたくしの心臓はキュッと萎縮しました。
 それにしても、ものすごい勢いで紙をめくっています。本当に読んでいるのでしょうか。読めない漢字ばかりなので飛ばしているのではないでしょうか。わたくしは大変な不安を感じました。よもや白紙なのでは。自分の行動をよく覚えていないので、その可能性も否定できません。
 やがて軍曹は、「確かに五十枚以上あるな。数えてみると──全部で七十五枚か」と苦々しそうにつぶやきました。
 ああ、飛躍するわたくしの筆力! 不可能を可能にした死に物狂いの奇跡! 人間、死ぬ気になれば自分の力量以上の仕事が成せるものなのです。わたくしはそれだけで、感動のあまり泣き崩れそうになりました。──しかし感動はそれだけにとどまりませんでした。
 続いて軍曹は、深いためいきをついてから、肝心の判決を下しました。それは、なんと祝福に満ちあふれたことばだった事でしょう。こうおっしゃったのです!
「よく書けているではないか。血沸き肉踊るような興奮を感じたぞ。これが文学というものか。」
 わたくしは涙を禁じ得ませんでした。我知らずブワッと噴きこぼれる歓喜の涙を。
「文学っていうものを、ちょっとは見直してやろう。」
 原稿をカバンに収め、照れくさそうに去って行く軍曹の姿を、わたくしは、その背中が見えなくなるまで、いつまでも、いつまでも、満身の感謝と共に、見送るのでした。
 ──小松軍曹と市尾伍長の物語は、文学の敗北を宣言したものでした。文章の弱点をさらけ出し、文章芸術の限界に絶望する物語でした。一方、小松軍曹とわたくしの物語は全くの正反対でした。文学はすばらしい! あの軍曹をも感動させる力があるのです。万人を感動させる力が! わたくしはここに、文学の凱歌を奏します。
 今までのわたくしは、半ば文学を冒涜していました。文学に対するわたくしの愛は、情熱的な市尾伍長のそれとは異なり、著しく欠如していました。純粋な文学を馬鹿にするような言動を繰り返し、正当な文学形式を破壊するような行為を繰り返してきたのです。深く悔い、強く反省せねばなりません。そんなわたくしが、死地に立たされたことによって、ついにこの国の文学に恩返しする機会に恵まれたのは、皮肉な運命と言えましょうか。文学の神は、誠に寛大でございます。
 『行軍記』は間違いなくわたくしの最高傑作となるでしょう。一昼夜にして七十枚の原稿用紙に結実した奇跡の作。この作品は、わたくしの誇りです。

『小松軍曹と佐藤兵長』おわり





クリックで救えるブログがあるそうです。



バナークリックののち、おまけをお読み下さい。
[続きを読む]

愛は世界を救わない<P助>   (2006/09/05)
「愛してるわジョニー」
リンダは言った。

「愛してるよリンダ」
ジョニーは言った。

「すごい機械を発明したわねジョニー」
リンダは言った。

「すごい機械だろう?」
ジョニーは言った。

「私たちがこうして愛し合っているだけで、世界が平和になっていくなんて、まるで夢のようだわ。」
リンダは言った。

「夢のようだろう?」
ジョニーは言った。

「こんな機械を作るなんて、やっぱりあなたは天才だわジョニー。」
リンダは言った

「天才さリンダ。」
ジョニーは言った。

「愛が世界を救うなんて本当に素敵!」
リンダは言った。

「愛は世界を救うのさ。」
ジョニーは言った。

「私、ずっとあなたを愛し続けるわジョニー」
リンダは言った。

「愛し続けるよリンダ。」
ジョニーは言った。

「私たちの愛は永遠よねジョニー」
リンダは言った。

「永遠さリンダ」
ジョニーは言った。

「あなただけを愛してるわジョニー。」
リンダは言った。

「……君だけだよリンダ。」
ジョニーは言った。

「……………」
リンダは何も言わなかった。

「……………」
ジョニーは何も言わなかった。

「……………」
リンダは何も言わなかった。

「……どうしたんだい? リンダ。」
ジョニーは言った。

「……何よ。その間は。」
リンダは言った。

「な、何を言ってるんだいリンダ? 間ってなんのことだい?」
ジョニーは言った。

「しらばっくれないでよ! 21行前(空白含む)のこともわからないの!?」
リンダは激しく言った。

「誤解だよリンダ。君の考え過ぎさ。ただの溜めじゃないか。僕が愛してるのは君だけだよリンダ。」
ジョニーは落ち着いて言った。

「……ごめんなさいジョニー。あたし考えすぎてたみたい。」
リンダは申し訳なさそうに言った。

「いいんだよリンダ。僕もいけないのさ。」
ジョニーは内心ホッとしながら言った。

「ううん、そんなことないわ。悪いのはあたし…。 あらジョニー、あなたの電話鳴ってるわよ。」
リンダはにこやかに言った。

「おや、誰だろうね。もしもし?」
ジョニーは内心ドキドキしながら言った。

「はぁ~い。ジョニ~。あたしよ、あ・た・し。ステファニーよ~ん。」
ステファニーは艶めかしい声で言った。

「ど、どちら様かな。番号を間違ってはいませんですか?」
ジョニーは狼狽を隠しきれずに言った。

「も~う、忘れちゃったとは言わせないわよぉ~。あなたの熱いベーゼは今もアタシをしっぽりと濡れさ」
ステファニーは途中までしか言えなかった。

「ははは、間違い電話みたいだよリンダ。」
ジョニーは暑くもないのに、汗びっしょりになりながら言った。

「そうみたいねジョニー。」
リンダはにっこりと笑って言った。

「さ、さぁ今夜はもう寝ようかリンダ。」
ジョニーはひきつった笑みを浮かべながら言った。

「何言ってるのジョニー。今夜は寝かさないわ。」
リンダはにっこりと笑って言った。

「寝かさないだなんて、だ、大胆だねリンダ。」
ジョニーは悪い予感に打ち震えながら言った。

「そうかしら?」
リンダはにっこりと笑って言った。

「ス、ステファニーとはなんでもないんだ。ただ桃鉄を一緒にやっただけだよ!」
ジョニーはうっかりステファニーの名前を出しつつ言った。

「あら、ステファニーって誰かしら」
リンダはにっこりと笑って言った。

「…………!」
ジョニーは顔面蒼白になりながら、息を飲んだ。




「頭を冷やせバカ野郎!!!!!」
そう言いながら放ったリンダの蹴りは見事ジョニーに炸裂し、ジョニーはもんどり打って家の外に転げ落ちた。

「誤解だよ! リンダ!! 僕は世界平和の為を思ってだね……!」
ジョニーは必死に扉を叩きながら言った。

「お休みなさいダーリン。」
リンダはダブルのベッドで悠々と眠りにつきながら言った。


こうして世界は今日も混沌としている。



-----------------------------------------------------------
今回の作品「愛は地球を救わない」いかがでしたでしょうか?
アップロードが遅くなり大変申し訳ございませんでした。
面白いと感じて頂けましたら、下記バナーのクリックをお願いします。いや是非。
コメントなんかもおまちしてます^^



テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学



«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。