散文ブログ『ちりぶみ』
数名による持ち回り創作ブログ。4のつく日(4・14・24)更新。
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    P助
    主宰。企画/発案担当。
    え、それって口だけってこと!?(笑)


    大塚晩霜
    デザイン担当。ブログのレイアウトが悪いとすればコイツのせいなんだ。
    週刊とりぶみ


    ナチュレ
    [プロフィール作成中...]


    仁礼小一郎
    沖縄出身ゴールデンルーキー

    某サークル六代目総長

    しがないサラリーマン
    ~順調にジョブチェンジ中!~
    (HP:気分は下克城!!
    See-Saa Night Fever!!


    こさめ
    万緑ソー中、紅一点!? 
    ココロに移りゆく何ごとか


    イシカワ マキ
    長野市在住。



カテゴリー



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト   (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



夏のはじまりに   (2006/07/24)
 会社からの帰り、何の前触れもない夕立。急いでビルの軒下に入る。
 「この時期の予報はあてにならねえ」
 ひとつ呟く。降りはかなり強く、道路脇があっという間に川のようになった。僕はずぶ濡れになったワイシャツをみて、昔のことを思い出していた。
 「そういやあの時も、こんな風にシャツをずぶ濡れにして帰ったんだよな」
 それは中学一年の夏、ある放課後のことだった。


 授業が終わり、僕はいつものように理科室へと向かった。僕の所属する「アマチュア無線部」の活動場所だ。アマチュア無線部というのは、無線機を使って電波を出して、どこかの知らない誰かと会話して、無線交信した証になるカードみたいな物を相手に郵送して、そんなことをやったりやらなかったりする部活だ。
 この日は30人くらいが理科室にいて、ずいぶんと賑やかだった。ちなみに無線部の部員数は全部で20人もいない。ここにいるほとんどが部外者だ。部活に出てくる人数はまちまちで、少ない時だと5人といないこともある。そうかと思うと今日のように、やたらと人が集まったりする。なんとも不思議な所だ。
 「なんか人がいっぱいいますね、なんかあるんですか?」
 「いや何も、そういや何でこんなにいるんだ?」
 いつもこんな調子である。これでは真面目に無線交信などできる雰囲気ではない。さっき「やったりやらなかったりする」と言ったのはこういうことである。もっとも真面目と不真面目のさかい目もハッキリしないのだが。無線交信はいいとしても、「写ルンです」のフラッシュ部分を改造してスタンガンもどきを作ったりするのはとても真面目とは言えないのだが、作っている先輩たちの表情は真面目そのものである。だから今日も、「無線」はできなくとも「部活」はするのだろう。
 ふと見ると、部外者の連中が何やら理科室のものをゴソゴソとあさっている。ここは理科室だけあって、いろんな物がある。どうやら蒸留水を入れるボトルに興味を引かれたようだ。高さ10センチくらいの塩化ビニール製のボトルで、蓋の部分には先の細い管がついている。水を入れてボトルを押してやると、管の先から勢いよく水が飛ぶ。彼らはさっそく水を入れて、水鉄砲みたいにして遊んでいる。やられた方も負けじとボトルに水を補給し反撃している。それがだんだんとエスカレートして、水鉄砲紛争になってきた。ついには誰かが水の入ったボトルごと投げつけて、
 「てりゅーだーん」
 などと叫んでいた。手榴弾はある先輩のカバンに着弾した。
 「なにしやがんだこのヤロー」
 その先輩は本気で怒っているようだった。
 「あーあ、こんなに濡れてるじゃねえか。くっそ、みてろよ。今から家に帰ってエアガン持って来てやるからな。そんな水鉄砲とはワケが違うぜ」
 先輩は理科室を飛び出していった。僕たちはその先輩を放っておいて、本格的に水鉄砲ごっこをやろうと、椅子を積み上げてバリケードを作り始めた。理科室が南北二つの勢力に別れ、水鉄砲紛争は今や全面衝突へと発展したのである。理科室だけあって水道の蛇口は多く、南北ともに資源は確保されていた。
 外人部隊(部外者)には体育系の部活が多く、両軍ともに士気・能力は高かった。補給が楽なこともあり、機関砲(ボトル)からは絶え間無く弾丸(水道水)が発射された。予想以上に射程は長く、敵陣まで余裕で届く。国境(理科室中央)付近にカバンを置き忘れた奴は、まずカバンが狙われた。教科書の入ったカバンに、容赦なく手榴弾(管のないボトル)が投げつけられるのだ。それを取りに行けば集中砲火(集中放水)が浴びせられる。そうなれば即死(パンツまでずぶ濡れ)だ。また、手榴弾の威力は高かったが、敵陣に投げ込むとすぐに給水され、投げ返されてしまう。なかなか味な反撃だ。両軍の死者(しつこいようだがパンツまでずぶ濡れ)はおびただしい数になった。それでも兵士の士気は依然として高く(だって面白いんだもん)、戦いはいつまでも終わらぬかのように思われた。しかし、それは突然訪れた。
 「お前ら何やってんだあ!」
 射撃が一斉に止む。戦争は終わった(先生に見つかった)のだ。


 僕たちは、ずぶ濡れで職員室前の廊下に並ばされた。そしてこれから裁判(説教)が始まるのだ。
 「お前ら何部だ」
 みんなキョロキョロと顔を見合っている。
 「何部というか・・・」
 「どうした、答えろ」
 「僕は無線部です」
 「僕は科学部です」
 「僕は卓球部で・・・」
 「ちょっと待て!お前ら何なんだ。と、とりあえず、いつもあの教室を使ってるのはどこなんだ」
 「アマチュア無線部です」
 「それじゃ端から所属する部を言ってみろ」
 「アマチュア無線部です」
 「無線部です」
 「科学部です」
 「科学部です」
 「卓球部です」
 「硬式テニス部です」
 「バスケ部です」
 「軟式テニス部です」
 「サッカー部です」
 「バドミントン部です」
 「部外者の方が多いじゃねえか!」
 先生が呆れるのも無理はないと思う。部外者の方が多い部活動って、確かにおかしい、当事者だけど。
 その後、僕たちはこっぴどく叱られた。ずぶ濡れの姿で廊下に立たされて説教されている姿は、さぞかし情けなかっただろう。
 「顧問の先生に言っておくからな! 無線部!お前らは停部だ! とりあえず解散」
 僕たちはトボトボと理科室に戻った。部外者の連中も、言葉も無く帰っていった。水鉄砲で遊んでて活動停止かよ、カッコ悪いよ、理由が。俺たちは「部活」をやっただけじゃんか。もっとも、今日の「部活」はハメをはずし過ぎたかもしれない。教室に会話はほとんど無い。ただ「はあ、何やってんだ俺達は」的な空気が流れる。そんな空気を切り裂くように、例の先輩が戻ってきた。
 「待たせたなクソ野郎共! さっきはよくもやってくれたな! このM-16でテメエら皆殺しにしてやるぜっ!」
 と威勢よく飛び込んできたものの、みんなのリアクションは全く無い。
 「あれ、どうしたの?撃ち合いは?」
 「バーカ! もう終わったんだよ」
 「え、そうなの。何でやめちゃったの?」
 「先生にバレたんだよ! 俺たち停部かもしれねえ」
 先輩はバツが悪そうにして銃を降ろした。弾を撃ち尽くしてやるぜくらいのテンションで来たのだろうが、結局彼のM-16からは一発のBB弾も発射されることはなかった。
 僕は友達とふたり、ずぶ濡れで帰った。部活の方は結局、二週間の活動停止と決まった。あの日以来、部活ができないまま夏休みに突入してしまったのだ。


 ずぶ濡れのワイシャツを見る。あの時は馬鹿なことをしたと思ったけど、今にしてみればいい思い出だ。ついつい顔がにやける。いかんいかん、傍から見たらキモいぞ。あわてて表情を直す。
 雨があがった。今年も夏が来た。そうだ、あの夏も、はじまりはずぶ濡れのワイシャツだったんだ。







今回の作品はいかかでしたか?
面白かったなあと感じたら下のバナーをクリックしてください。

スポンサーサイト


文体練習   (2006/07/14)
※ 今回の作品は非常に長い…というか、異常に多いです。あらかじめご了承ください

作者による解説→ クリック!




(1)礎

田舎。突然の雨。気にせず歩く。

道行く老人
「お若い人。かぜを引きますよ」
傘を借りる。

それから数年後。
返却するために再訪。

傘泥棒としかられる。





(2)まえがき

 レーモン・クノー著『文体練習』という本がある。ある日の出来事を書き留めたメモをもとにし、同一内容を99の異なる文体で繰り返し表現した本である。──らしい。というのも、私はこの本を読んだことがないのだ。
 一読してみたくてしょうがないのだが近所の本屋には置いていない。したがって立ち読みができない。インターネットで注文すれば良さそうなものだが、じゃっかん値が張るのでなかなか手が伸びない。私はケチなのだ。

 そこで、「自分でやってしまおう」と思い立った。読みたいけど買えないから、自分で作ってしまおう、と。自作した『文体練習』を読んで悦に入ろう、と。
 つまり、当『文体練習』は、現物を知らないまま本家『文体練習』を複製する試みである。貧しい黒人少年が夜な夜な楽器店のショーウィンドウにかじりついて憧れのトランペットを見つめるアレである。
 また、天才画家・和田義彦氏へのオマージュでもある。決して盗作ではないのだ。

 基本的なルールは本家に倣う。文章の表す中身はそのままに、文章の形式だけを変化させていくことにする。「(1)礎」を基本とし、田舎で老人に傘を借りたが、数年後に返却しようとしたら怒られた、その印象をあらゆる日本語でつづっていこうと思っている。
 逆に言えば、話はそれしかない。田舎爺に傘を数年借りて泥棒扱い。たったこれだけだ。いわゆる「おもしろいお話」を読みたい方のご期待には応えられない。前もってお詫びしておく。すみません。ホントすみません。

2006年6月10日  オックスフォードにて  大塚晩霜

[続きを読む]

カウント<P助>   (2006/07/04)
「は………?」

僕は彼女の姿に言葉を失った。
日曜日、そこに現れた彼女はジーンズと白いカーディガンのシンプルな姿だった。
だがその頭の上には、純白の数字の『1』が浮かんでいた。
立体的にも平面的にも見えるそれは、ゆらゆらと優雅に佇んでいる。

その日のことは殆ど覚えていない。
会話も、目線も、足取りさえも虚ろだった僕を気遣ってくれた、彼女の言葉をうっすらと覚えているぐらいだ。
だがその日よりも驚愕の事件が、翌日起こった。

おはようと声をかけてきた彼女の頭の上には……。


数字の『2』が浮かんでいた。


増えてる……。

言葉もない。
混乱と苦悩が渦を巻く僕の前で、彼女はただにこやかに笑っていた。



そしてまた翌日。
僕の後ろから、いつものようにおはようと優しい声が聞こえる。
だがもう驚くこともない。
僕は明るく振り返り、彼女に挨拶を返す。

「おはっ……よんっ…………………」


『4』かよ……。
これは想定外だ。
『3』をとばすとは侮れない。
少しイントネーションのおかしくなったおはように、彼女は明るく笑っていた。

それからも彼女の頭の上の数字は着実に増えていった。
たまに数を飛ばしながら。

次第にそんな光景にも慣れ、僕は彼女の頭の上の数字の変化を楽しめるようになった。
それは、もはや彼女の魅力の一つだった。

そのことを彼女に話そうかとも思った。
だが思い留まった。
どうやらそれは僕にしか見えないようだ。
おそらく彼女に言っても、いつものように朗らかに笑われるだけだろう。
彼女は優しく、穏やかに僕を愛してくれる。
そしてそんな彼女を僕も愛している。
それ以上、何もないのだ。
これから何があっても、この思いは変わらない。

明日はいくつになっているだろう。
そう思いながら、僕は健やかに眠りについた。



だが、このとき僕はまだ知らない。
翌日から彼女の頭の上の数字が減り始め、またしても僕を悩ませるようになることを。







今回の作品、いかがだったでしょうか?
面白いと感じて頂けましたら、是非下のバナークリックお願い致します。

感想コメント&トラバどしどしお待ちしています^^

P助

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学



«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。